はじめに

近年、様々な見守りロボットやセンサー、サービスがでています。
「見守りロボット・見守りサービス。見守り機能って何をポイントに選べばいいの?」という方も多いのではないでしょうか。このページでは、見守る方・見守られる方の生活にあったサービスが選べられるように、様々な選ぶポイントをご紹介。

もしかしたらタピア以外の見守りロボット・センサーが最適だったり、1つではなく2つのタイプを掛け合わせたほうが、見守る方・見守られる方がお互い安心するかもしれません。家族の安心をつなぐために、是非参考にしてください。

増加する「見守り」のニーズ

2030年には、在宅用の見守りシステムの市場、2019年比でおよそ2.3倍になるとも言われます。※

コロナ禍でおうち時間が増えて、より在宅用の見守りシステムのニーズが増えそうですね。

2030 年国内市場予測

出典:株式会社富士経済 プレスリリース

見守りサービスを選ぶ際に最も大事なこと

選ぶ上で最も大切なことは、利用する見守られる方が使いやすい・負担にならないことです。家の中はパーソナルスペースであり、安心して生活する場所ですよね。

見守る方だけが便利で、実際に毎日接している見守られる側がストレスを感じることがないよう、双方でしっかり相談しましょう。

タイプ別見守りと選ぶときのポイント

見守りには機器を使ったものと人によるものに大別できます。機器を使ったものの方が密度が高い見守りができる一方、人による見守りは対面という安心感があります。

それぞれの強み弱みを理解して、サービスを選びましょう。

【センサー型】
カメラ機能がなく、センサーの結果や状況で安否を確認
機器が目立たず、関節的な手法で安否を確認するため、見守られる側の心理負荷は低い。 室温観測等のセンサーならではの機能の他、高頻度で通知があるため、変化に気が付きやすい。

料金・
費用

導入の
容易さ

プライ
バシー

通知の
頻度・質

付加機能
・価値

○​

【カメラ型】
カメラで家の中や見守る方の安否を確認
カメラが心理的負担になる一方、直接状況がわかったり防犯機能もあるなど利点も大きい。体が不自由な方の見守り等に力を発揮。初期費用も低め。

料金・
費用

導入の
容易さ

プライ
バシー

通知の
頻度・質

付加機能
・価値

【ロボット型】
コミュニケーション機能など、ロボットを通して安否を確認 
親しみやすいデザイン等で見守られる側もなじみやすい。双方向の会話機能による単身者の生活活性化等、一歩進んだ生活支援機能を持つものもある。

料金・
費用

導入の
容易さ

プライ
バシー

通知の
頻度・質

付加機能
・価値

【訪問型】
定期的に人が訪問し、体調等を聞き取り、レポートとして安否を確認
対人サービスであり、また臨場感のある報告が受けられるため、安心感が高いが費用は高め。機器の設置等が不要。

料金・
費用

導入の
容易さ

プライ
バシー

通知の
頻度・質

付加機能
・価値

【本人通報型】
体調が悪いときに本人がボタンを押し、コールセンターに連絡
対人サービスであり、いざという時の手段として安心感が高い。費用は高めであるが、見守られる方が元気で干渉されたくない場合最適。

料金・
費用

導入の
容易さ

プライ
バシー

通知の
頻度・質

付加機能
・価値

タイプ別でまだ悩んでいる場合はこちらのポイントも参考にしてください。

機器の耐久性

壊れやすいと交換や取替え、修理が発生して思わぬ出費が発生することも。また、使っているうちにバッテリーや電池を交換しないといけない場合もあります。サポートや保証期間、本人通報の回数などもチェックしましょう。

利用期間

1ヶ月から利用できるものもあれば、3年以上などプランによっても利用期間は様々。一定期間だけ見守りサービスがほしい、複数を試してみたいという方は利用期間をチェック!

無料プランやレンタルでまずはお試し!

選ぶポイントがわかっても、実際に使って見ないとわからないことが多いですよね。
タイプが決まったら、購入や申し込む前に、そのタイプの製品・サービスで無料プランやレンタルで実際に使ってみましょう。
使ってみたら、「案外こっちのタイプのほうがよかった!」「これはちょっと苦手かな…」なんてこともあるかもしれません。または「センサータイプと本人通報タイプ」など、2つのタイプを組み合わせることで、より安心できることも。

最後に

「高齢で離れて暮らす親が心配」
「毎日連絡はとれないけど様子が知りたい」
「困った時は誰かがすぐにかけつけてほしい」

離れて暮らす見守る側・見守られる側のご家族が、お互いが安心できる見守りロボットやサービスを決めましょう。

「うちの場合はこんなことに悩んでいるけど、タピアだったらどう?」という相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。